NPO法人カズンです。
わたしたち<カズン>は、子どもの思いをしっかり受け止めて、理解を示す人がいたならば、子どもは子どもが本来持っている力を必ず発揮できるのだと思います。
「子どもの権利条約」に謳われている子どもの権利を尊重し、子どもたちの心に寄り添い、向き合い、子どもから信頼される、そうした大人の意識や感性が子どもの心をしっかりと受け止める地域社会。そんな社会をねがって、2001年5月にNPO法人を設立しました。

2004年03月28日 [ 子どもの活動のサポート(あそび倶楽部)]

大阪まででかけて、初の企業との共催「親子であそぼ!昔あそび」

3月28日(日) 10時30分から15時30分

“あそびクラブ”でモバイルコミュニケーションの助成を受けたことがきっかけで、初めて企業との共催事巣が実現。
ゲストに独楽博物館(名古屋)から協力を得て、割り箸鉄砲・お手玉・竹返し・こま、ペーゴマ回し・木登りサル・折染めを20名のスタッフで行い、200名の親子が参加しました。

CASNのボランティアに参加するのは初めて。教えるというよりは一緒に楽しもうと思い、子どもと遊んでいました。僕の担当は、割り箸鉄砲でした。久しぷりに作るので忘れている部分もありましたが、作りながら思い出してきました。親子で参加されていましたが、子どもより、親の方が一生懸命な姿を見て、心の中で笑っていました。
独楽得物館の竹田さんのパフォーマンスにとても感動しました。 (村田 真)

2004年03月28日 [ 子どもの活動のサポート(あそび倶楽部)]

大阪まででかけて、初の企業との共催「親子であそぼ!昔あそび」

3月28日(日) 10時30分から15時30分

“あそびクラブ”でモバイルコミュニケーションの助成を受けたことがきっかけで、初めて企業との共催事巣が実現。
ゲストに独楽博物館(名古屋)から協力を得て、割り箸鉄砲・お手玉・竹返し・こま、ペーゴマ回し・木登りサル・折染めを20名のスタッフで行い、200名の親子が参加しました。

CASNのボランティアに参加するのは初めて。教えるというよりは一緒に楽しもうと思い、子どもと遊んでいました。僕の担当は、割り箸鉄砲でした。久しぷりに作るので忘れている部分もありましたが、作りながら思い出してきました。親子で参加されていましたが、子どもより、親の方が一生懸命な姿を見て、心の中で笑っていました。
独楽得物館の竹田さんのパフォーマンスにとても感動しました。 (村田 真)

2004年03月14日 [ 講師派遣]

1500人の親子が集った!子どもフォーラム2004inしが

3月14日(日)10時から15時30分 平安女学院大学(びわ湖守山キャンパス)

9月から準備を重ね、当日は県内で子どもたちに関わって活動をしている32の団体が集まり、活動のプースや展示を行いました。晴天だったことも手伝つて、当日はたくさんの子どもたちがお父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんと参加して、楽しい体験をいっぱいしました。厚生労働省から吉岡てつを氏・滋賀県知事を迎えて行ったシンポジウムも内容の深いもので好評でした。

CASNから今回の催しの相談を受けて「人形劇まつりin〇〇○」の開催地を当たっていた連絡会にとってはやる気充分!動き出していたら「こどもフォーラム2004inしが」の全体の雰囲気が人形劇まつりっぽくなっていたのを感じていたのは連絡会のメンバーかも知れません。「くいしんぼう広場」の名称などそのまんま!しかしなにより驚いたことはいつもながらのCASNのネットワ一クの底力!、子どもにかかわる活動団体もー気に勢ぞろい!準備期間の短さなどなんのそのである。その勢いに押されてか上天気に恵まれお客様もいっぱい。なかでもお父さんたちの参加が多かったのがうれしい傾向だったのではないでしょうか。各プースヘの感心は参加団体間でも興味深いものでありました。忙しい当日に交流を持つことは難しい点もありますが今後このような企画が引き続き開催される予感は充分ありますので期待したいところです。「関係者のみなさまお疲れ様でした!」
大崎省子滋賀県人形劇連絡会(人形劇場かにこぞう)